読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉つながり -saitama connect-

好きな埼玉でお金を稼いで生活したいっていうブログ。

【キーワード選定のヒント】サジェストツールを活用したキーワード選定

SEO

f:id:open-open:20160314003747j:plain

サイトや記事のSEOを考えた時、やはり避けて通れないのがキーワード選定です。

役立つツールとして有名なのが、Googleのキーワードプランナーがありますが、最近ではサジェストツールを使ってのキーワード選定も有効と考えられます。

キーワードプランナーだけでは、新たなキーワードが思いつかない時や、より広いキーワードを攻めたい時にサジェストツールが活躍します。

今回はサジェストツールのメリットと、その活用方法をご紹介します。

サジェストツールとは

まず『サジェスト』についてですが、サジェストとはGoogleなどの検索窓で文字を入力した時に、候補が表示されるあれです。

サジェストツールとは、その候補を一括で取得できる、とても便利なツールなのです。

複合キーワードの候補まで一気に取得ができます。
スポンサーリンク


サジェストツールを使うメリット

サジェストツールは先にのべたように複合キーワードが取得できます。

Googleのキーワードプランナーよりも使い勝手がいいのが、入力した語句を含んだキーワードのみが一覧で取得できる点です。

キーワードプランナーでも語句を含んだキーワードに絞り込めますが、その数は非常に少ないです。
サジェストツールで取得できる数とは比べものになりません。

軸キーワードを含むテールワードのデータを幅広くとりたい場合は、サジェストツールが最適です。

そして、サジェストツールでキーワードを選定するメリットがもう1つ。

サジェストはスマホユーザーとの相性がとても良いのです。
長く文字を打つよりも、それっぽいキーワードががでてきたら、タップする方がはるかにらくなのです。

スマホ向けコンテンツや記事をつくるときのキーワード選定にはもってこいです。

サジェストツールを使ったキーワード選定方法

では最後に、サジェストツールを使ってキーワードを選定する手順を。

いつも使っているサジェストツールはこちらです。
たまにサーバーが混んでいることがあるので、そんなときは少し時間をおいてつかってください。

www.gskw.net

使い方は簡単です。
①軸となるキーワードを入力
②候補が表示されたらCSVでダウンロード

これでサジェストの一覧が取得できました。

次は選別です。

・キーワードを絞りこむ
少し面倒ですがここは目視確認がおすすめです。
あなたのサイトや記事でコンバージョンにつながりそうなキーワードを選び、それ以外を除外していきます。

・優先順位をつける
絞りこんだキーワードを、全てGoogleキーワードプランナーにかけます。

ここで注目するのが検索数です。
検索数の多い順に、キーワードに優先順位をつけていきます。

この時、気をつけたいのがキーワードプランナーで検索数が0のキーワードです。
検索数が0だったとしてもきちんと残します。

(検索数が0となっていても、実際にまったく検索されていなかったらサジェストに出てくるとは考えられません。
おそらく数は少ないものの、検索される可能性はあるのです。)


こうして優先順位をつけたキーワードリスト。
これが、あなたのつくるべきコンテンツや記事をつくるための最初のガイドラインになります。

あとは、優先度の高い順にコンテンツや記事を作り込んでいきましょう。
スポンサーリンク